*HoneyStyle Message*

*HoneyStyle* はレターコンシェルジュはにぶちかづこのオリジナル手紙用品ブランドです。 Blogには対面販売出店情報や新商品情報、手紙と万年筆の組み合わせ研究、ひとりメーカーとしての思いなどなるべく毎日詳細に綴っていきます!

*ステキな秋の「お手紙ナイト」*

HoneyStyle2010-10-06

2ヶ月もごぶさたしてしまいました。ようやく秋らしくなり気持ちの良い季節ですね。わたしの好きな夏から秋への変わり目を今年は、はっきり感じられず残念でした。
担当部門が変わり、職場以外の方とはケータイメール少々...という2ヶ月、そんな時期もあるのはしかたないことですね。ようやく気持ちに余裕が生まれたのか、表参道ウイングド・ウィールさんで開かれたチャリティイベントに行ってきました。
http://www.winged-wheel.co.jp/
【チャリティイベント】Winged Wheel x Room to Read
 お手紙ナイト ビジネスのお礼状の書き方
*手紙ワードロープ(TPOにあわせた便せん封筒の種類)
*筆記具と紙と職人の技
*書き方のルールとその歴史
そして、実際にウィングド・ウィールさんのオリジナル高級コットンぺーパーのカードにお礼状を書くという楽しい内容でした。
ウイングド・ウィールさんは、途上国の子どもの教育をサポートするNGO団体Room to Readの活動を応援されているそうで、今回の参加費は全額を団体へ寄付するとなっていました。写真のRoom to Readのマークの入ったウィングド・ウィールオリジナルメモ用紙をプレゼントしていただき、お礼状を書くカードや封筒もいただいて、参加費以上では?と心配になってしまいました。
今まで生きてきて社会貢献とか考えたことなかったなぁと、このイベントの告知を見て思い、最近本当に自分の大切にしたいものからも離れていたし(時間が無い!忙しい!って言い訳してね)と参加したのです。
Room to Readの日本代表の松丸さまのお話の中で、全世界人口約1/10の7億人が字が読めず、7,700万人の子どもが初等教育を受られずにいると知りました。字が読めない母親が薬の処方せんを読めず、子どもに間違った薬を飲ませ死んでしまうというような先進国では考えられない現実があるとおっしゃっていました。そう言った理由でRoom to Readでは女子の教育支援も積極的に行なっているそうです。
Room to Readhttp://www.roomtoread.jp/
今回のイベントには約20名のビジネスパーソンが参加され、最後に全員自己紹介的な感じで一言があって皆さんのコメントが興味深かったことと、素敵な方達との新しい出会いがあったことが一番の刺激でした。
家と会社だけ往復の日々はもう終わりにしよう!わたしのなりたい10年後のわたしのためにと誓いました。がんばろう!